FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらのぶらじゃぁ初体験 25

管理

「えぇ!? だ、ダメだよ。今日の体育で使ったもん!」
 さくらは驚きの声をあげ、言った。まるで盗られまいとするかのように、体操着をしっかりと胸に抱きしめる。
 自分が着用した衣類──きちんと洗濯した後の物ならばともかく、汗の染み込んだそれを他人に貸すなどというのは、さくらにしてみれば言語道断だ。
 だが、知世はにっこりと笑うと、
「大丈夫ですわ。私は気にしませんもの……それに、私の体操着がお洗濯を終わって、乾いて戻ってくるのを待っていたら、ずっと遅くなってしまいます。なるべく早く、体操着でどう見えるか、確かめたいんです。お願いですさくらちゃん。貸していただけませんか?」
 そう言いながら両掌を合わせ、お祈りをするようにさくらに迫る。
「で……でも……」
 さくらは、知世と両手で抱きしめた体操着を交互に見つめた。
 知世の言う事はもっともである。なにしろ、本当にブラジャーを着けて学校に行くのは知世なのだ。知世でどう見えるか確かめないと、本来の意味は果たせない。
 自分の汗の染みた衣類を貸す事は躊躇われるが、まさか、洗濯と乾燥が終わるまで、このほとんど裸の格好で待っているわけにもいかないだろう。

続きを読む

さくらのぶらじゃぁ初体験 24

管理

 一瞬の間。
「…………」
 言葉も無く、触れるでもなく、ただ正面を向き合う二人。お互いに、お互いのブラジャー姿をじっと見つめる無言の時間──
「うふふ………」
「あはは………」
 どちらから、というわけでもなく、笑みが浮かび、笑いあった。ほとんど変わらないはずなのに、裸の胸を見られたときのような恥ずかしさはなくなって、なんだか嬉しい気持ちが湧き上がる。
「さくらちゃん、とっても、可愛いですわ」
「そんな事ないよ。知世ちゃんの方が、すごくキレイで可愛いよ」
 さくらの一種のクセ。自分が褒められると、ついそれを打ち消すような言葉を発してしまう。控えめな心が生み出す心理なのだろう。それが判っているから、知世はあえてそれ以上は言わない。
 また、しばらく笑みを浮かべて、互いの下着姿を見つめあう。
 均衡を破ったのは、さくらだった。
 急に膝を折り、屈みこむ。床に積み重ねてある、制服をたたんで重ねた山を上から丁寧にどけていき、中着に指定されている濃紺のハイネックを取り出した。
「?」
 不思議そうに見つめる知世にはお構いなしで、さくらはハイネックに頭を通し、片方づつ、高々と腕をあげて通すと、裾を引っ張って身につける。 

続きを読む

おすすめ!

プロフィール

坂本 睦月

  • Author:坂本 睦月
小説インデックス
すべて、18禁小説ですので、未成年の方は、クリックしないでください。

ゆんゆん☆パラダイス
ふたりの日曜日
なにが出るかな?
すり~ぴんぐ・てんぷて~しょん

彼女が髪を切った理由
彼女とえっちができた理由

カードキャプターさくら
さくらの恋人候補生
さくらのぶらじゃぁ 初体験
えっちの国のさくら

魔法少女リリカルなのは
今日はいちゃいちゃの日なの
ブログ以前の小説
ブログ開設以前に書いた小説です。別サイトに飛びます。
すべて、18禁小説ですので、未成年の方は、クリックしないでください。

ゆんゆん☆パラダイス
今夜はお口で……
らぶらぶシミュレーション
なにがでるかな?
すり~ぴんぐ・てんぷて~しょん
ふたりの自由研究
新しい、あ・そ・び……

カードキャプターさくらの
さくらちゃんチェンジ
さくらの恋人候補生
ひとこと掲示板
chobi BBS

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーバナー
タグ
Twitter
フォロワ募集中です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。