FC2ブログ

さくらのぶらじゃぁ初体験 12

管理

 躊躇いがちの手で胸元の白いタイを緩めると、その下のファスナーを指で摘んで引き下げる。それからセーラーの上着の裾を手を交差させて掴み、引き上げた。
 少し苦労して抜いた長い黒髪を頭を軽く振って整え、脱いだ上着を畳んで足元に置く。
 次は、学校指定のハイネックシャツだ。プリーツスカートの白との間でコントラストになっている濃紺の裾を掴む。
 知世は、そこでちらとさくらを見た。瞬きすらも惜しむように見つめる視線が、「早く」と急かしている様にも感じられる。
 そんなに見ないでください………
 喉まで出かかった言葉を、知世は何とか飲み込む。それを言えば、今度はさくらも同じように言うかもしれない。着替えのお手伝いや、採寸にも影響がでるかもしれない。それが怖かった。
 目をつぶり、思い切ってハイネックシャツを引き上げる。
 知世は、学校の制服を着るときは、ジュニアスリップを愛用しているため、プリーツスカートに固定され、めくれあがって胸が見えてしまうような事はない。長い髪を頂く頭を、少し苦労して抜き、それから片方づつ袖を抜いて、先ほどの上着の上に置く。 

続きを読む

さくらのぶらじゃぁ初体験 11

管理

「……ね……ねぇ……知世ちゃん……」
 しばらくの沈黙の後、伏せていた顔を上げたさくらは、静かに切り出した。問いかけられて僅かに小首を傾げる知世に、ブラジャーの一枚を両手で前にかざすと、
「……これ、試しに着けてみない?……」
「は?」
 言われた事が判らず、知世が問い返す。
「だから、試しに着けてみよう? それで、具合を見て、それから学校に着けていけるかどうか、考えようよ?……」
 さくらの言葉に、知世は驚いた表情を浮かべた。だが、暫く考えて、やがて、もっともな事だと思った。
 封を開けていないから当然だが、知世はまだブラジャーそのものを一度も身に着けていない。一度、着けてしまうと、顔を合わせるすべての人に「ブラジャーを着けた」事が判ってしまうのではないか? という根拠の無い不安があったからだ。
 だが、園美は「初めては、こういうのが良いのよ」と言って選んでくれたのだから、もしかすると、「初めて用」というのは、着けている事が判らないように、何か工夫されているのかもしれない。

続きを読む

おすすめ!

プロフィール

坂本 睦月

  • Author:坂本 睦月
小説インデックス
すべて、18禁小説ですので、未成年の方は、クリックしないでください。

ゆんゆん☆パラダイス
ふたりの日曜日
なにが出るかな?
すり~ぴんぐ・てんぷて~しょん

彼女が髪を切った理由
彼女とえっちができた理由

カードキャプターさくら
さくらの恋人候補生
さくらのぶらじゃぁ 初体験
えっちの国のさくら

魔法少女リリカルなのは
今日はいちゃいちゃの日なの
ブログ以前の小説
ブログ開設以前に書いた小説です。別サイトに飛びます。
すべて、18禁小説ですので、未成年の方は、クリックしないでください。

ゆんゆん☆パラダイス
今夜はお口で……
らぶらぶシミュレーション
なにがでるかな?
すり~ぴんぐ・てんぷて~しょん
ふたりの自由研究
新しい、あ・そ・び……

カードキャプターさくらの
さくらちゃんチェンジ
さくらの恋人候補生
ひとこと掲示板
chobi BBS

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーバナー
タグ
Twitter
フォロワ募集中です